学位プログラムリーダーメッセージ

インターネットに代表される情報技術が社会の隅々にまで浸透したことで、さまざまな新ビジネスが生まれ、既存のビジネスもその態様を変化させています。またデータサイエンスの急速な発展により、AIによる自動化や高度化が進む業務も少なくありません。

ビジネス環境の大きな変化の中にあって、多くのビジネスパーソンは日々の仕事に向き合いつつ、一方で変化への対応を模索しているのではないかと思います。あるいは、将来のキャリアパスを見据えて、新たな知識や技術の学びの必要性を感じている方もいらっしゃるかもしれません。

経営学学位プログラムは、こうした社会人のリカレント教育を目的として、経営システム科学専攻(修士)と企業科学専攻システムズ・マネジメントコース(博士)を改組して、2020年4月に発足しました.前身である経営システム科学専攻は、国立大学初の社会人向け夜間大学院として1989年に創設され、700名以上の修了生を送り出してきました。またシステムズ・マネジメントコースは1996年に設置され、150名を超える博士人材を輩出しています。30年に及ぶ伝統の中で培ってきた社会人が学びやすい環境や特色ある教育・研究体制は、経営学学位プログラムにも引き継がれています。

経営システム科学専攻やシステムズ・マネジメントコースでは、設立当初からビジネスにおける情報技術や計量分析技術、今でいうアナリティクス、の重要性に着目し、関連分野の教育に力を入れてきました。ビジネスにおけるこうした分野の必要性は今後さらに高まると考えられますので、経営学学位プログラムでも、経営戦略・組織,マーケティング、会計・ファイナンスなど経営学のコア領域を支える分析基盤として、統計や情報関連領域を教育の柱として掲げています。

また、博士後期課程はもちろんですが、博士前期課程でもコースワークだけでなく論文研究に力を入れています。論文研究では学生が直面するビジネス上の課題をテーマとして設定し、コースワークで学んだ理論や技術を活用して課題解決を目指します。答が見えない道を進む難しさはありますが、試行錯誤した分だけ机上の論理ではない生きた知識や技術を修得することができます。さらに博士後期課程では、実務面だけでなく学術的にも高く評価される研究成果が得られることもあります。

人生100年時代と言われ、従来の終身雇用を中心とした働き方も変わりつつあります。そうした中で、社会人にとってのリカレント教育の重要性は、今後さらに増していくものと思われます。さまざまなバックグラウンドをもった方々が新たな学びの機会を通じて知識や技術を高め、あるいは人脈を広げることは,ビジネス上のキャリアをさらに進めるチャンスになります。経営学学位プログラムは、30年あまりの経験を活かして、より質の高いリカレント教育の場を今後も提供していきたいと考えています。

経営学学位プログラムリーダー
牧本 直樹

上に戻る